2016年12月29日

為替予想 2017前半 まとめ

2017年前半の為替予想のまとめです。

☆強い  
 ||  ・ユーロ
・ロシアルーブル ・ノルウェークローネ   
  ||  ・メキシコペソ    
☆やや強い
 ||  ・日本円
・ブラジルレアル   
☆中立 ||  ・オーストラリアドル・ポーランドズロチ   
☆やや弱い ||  ・ニュージーランドドル・イギリスポンド・アメリカドル  
  ||  ・カナダドル    
☆弱い ||  ・中国人民元・トルコリラ・南アフリカランド  

☆想定環境
 ・原油価格はWTI55~60ドル/バレルがメインレンジ。短期的には、60ドル超えも可能性あり。中期的にも50ドル以下の水準での推移は厳しいと思われます。
 ・鉱物資源価格は、もうしばらく上昇、貴金属価格は現水準程度、食料品価格が上昇。
 ・アメリカFRBの利上げは2017前半1回、後半1回程度。
 ・アメリカ株価指数はダウ平均20000ドル超えも、上値は重くなる。
 ・アメリカ長期金利は現水準程度が頂上。下落幅はそれほど大きくはならない。
 ・中国人民元の為替介入は2017年中に終了する。
 ・ヨーロッパの銀行問題はそれほど大きくならず、モンテパスキには公的な支援が入る。
 ・オセアニアやカナダの住宅価格はもう少し上昇。ほぼ頂上でしょう。
 ・世界経済自体は安定的。

☆トレードアイデア
・USD/RUB 売
・NZD/NOK 売
・USD/MXN 売
・CNH/JPY 売
・EUR/TRY 買

産油国通貨買い、アメリカドル売りがリスクの少ない基本路線と考えています。足下の円・ユーロ売り、ドル買いがしばらく続く可能性が高いですが、産油国通貨は早めに仕込みたいところです。上昇予想の通貨は対アメリカドルで、下落予想の通貨は対ユーロで持つのが良いと考えています。
アメリカドル高反転のタイミングは、人民元の介入政策のアメリカ国債売却と密接に関わっていると推測されます。中国人民銀行の動きが鍵を握ることになりそうです。


2016年も、ブログをご覧いただき、ありがとうございました。
それでは、良いお年を。

posted by いわくら at 01:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替予想 2017前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック