2016年01月07日

リスクオフ相場の予行演習

年明けは、4日連続でリスクオフ相場が続いています。中東・北朝鮮と地政学的なリスク懸念もありますが、本筋は中国経済だと思われます。昨年8月の人民元安→中国株安→世界的リスクオフと同じです。あのときが予行演習で、今回が本番のような流れになっています。ただ正直、実際は、今回もまだ練習で、本番のリスクオフ相場は先に待っているような気がしています。
今後のリスクオフ時の対応のためにも、今回の動きは参考にしておきたいところです。年初からの変化をまとめます。


まず比較的強かった通貨の、昨年末比・対アメリカドルでの変化率です。(リアルタイムで数値が大きく動いてますので、各通貨ごとの誤差が大きくなります。ご了承ください。)

  変化率 
 日本円   2.1%
 シンガポールドル −1.3%
 ユーロ  −0.2%
 イギリスポンド  −1.2%
 スイスフラン  0.0%
 スウェーデンクローナ  −1.4%

※アメリカドルインデックス(DXY)は同期間0.1%の上昇です。

日本の独歩高です。強い順に日本円・スイスフラン・アメリカドル、典型的なリスクオフのときの順位と見ていいと思います。日本円が強いのは、対オセアニア通貨でのキャリートレードの巻き戻しの影響でしょうか。その他、昨日ぐらいまではヨーロッパの通貨が全般的に弱目という印象は受けました。


次に下落率が大きかった通貨です。各種属性も(ざっくりですが)まとめてみます。

   変化率    中国関連    産油国  新興国
オーストラリアドル 
     −3.7% ◎ 
ニュージーランドドル  −3.0% ◎  
中国人民元  −1.9%ーーーー  
ノルウェークローネ  −1.7%no data 
ロシアルーブル
  −3.2% 〇
ポーランドズロチ  −2.4%  
トルコリラ  −3.4%  
南アフリカランド  −3.9% ◎ 
カナダドル  −2.1%  
ブラジルレアル  −2.0% 〇
メキシコペソ  −2.4% 

中国への輸出が多い、オーストラリアドル・ニュージーランドドル・南アフリカランドが大きく下落しています。同じく中国との関連が深い、日本円・シンガポールドルは強いため、中国だけが理由ではないのでしょうが、今回のリスクオフが中国経済・中国市場の影響によって起こったことを表していると思います。私もよく忘れるのですが、南アフリカは、中国への輸出率が大きいので注意が必要です。
産油国は満遍なく下落、ポーランドとトルコは地政学上のリスクの関連でしょうか。その他にもちろんキャリートレードの巻き戻しの影響もあると思われます。


最後はコモデティです。代表的なものだけですが。

     変化率
金 
     
3.7%
  1.6%
白金  −2.6%
パラジウム  −11.0%
原油(WTI)  −10.7%
  −2.8%
鉄鉱  −2.3%

やはり、原油価格の下落が目立ちます。金・銀が上昇していることが、リスクオフ相場の動きを良く表していると思います。パラジウムは南アフリカの主要輸出品でしょうか。影響が心配されます。ここに書かなかったコモディティも、金属を中心に下落基調のものが多かったです。


中国経済の影響に原油価格の下落が加わっているため、データが読みづらいところもありますが、基本的にはリスクオフの流れが見えたような気がします。これ以上あまり大きな流れにならないことを祈りたいですが、どんな状況にも対応したポートフォリオを目指したいところです。


元データ「TRADING ECONOMICS」

posted by いわくら at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432252827

この記事へのトラックバック