2016年07月28日

実質実効為替レート 半年前との比較

直近と半年前の実質実効為替レートの比較です。

・ アジア・オセアニア 2016.6 2015.12(差分)
   日本円【JPY】79.870.29.6
   オーストラリアドル【AUD】103.6103.9-0.3
   ニュージーランドドル【NZD】108.9106.02.9
   中国人民元【CNY】127.6135.0-7.4
   シンガポールドル【SGD】109.2109.2-0.1
     
・ ヨーロッパ・その他    
   ユーロ【EUR】91.690.21.5
   イギリスポンド【GBP】91.599.3-7.9
   スイスフラン【CHF】109.9109.40.5
   スウェーデンクローナ【SEK】88.388.4-0.1
   ノルウェークローネ【NOK】89.084.84.3
   ロシアルーブル【RUB】96.089.66.4
   ポーランドズロチ【PLN】95.497.5-2.2
   トルコリラ【TRY】103.4102.11.2
   南アフリカランド【ZAR】72.871.90.8
     
・ 北アメリカ・中南米    
   アメリカドル【USA】104.9105.1-0.2
   カナダドル【CAD】96.390.26.1
   ブラジルレアル【BRL】97.883.014.8
   メキシコペソ【MXN】75.784.6-8.9


データ期間 1994年1月〜
データ期間中の平均値を100とする。
元データはBIS国際決済銀行から。


上昇率の1位はブラジルレアル、資源価格の上昇を背景に伸びが目立ちます。2位は日本円、3位がロシアルーブルです。基本的には資源国の上昇が目立ちますが、メキシコペソやオーストラリアドルなどは下落しており、もともとの水準感なども影響していそうです。

下落率1位は、そのメキシコペソ、下落率が大きくなっていて、やや特異な印象を受けます。後でちょっと調べてみます。2位はイギリスポンド、3位は中国人民元とこちらはイメージどおりではないでしょうか。

相場を動かした大きな要因のひとつは資源価格です。原油を中心に、多くの資源価格が2月に底をつけたことで相場が大きく動きました。もうひとつは、アメリカドル・イギリスポンドから、日本円・ユーロへの資本の動きです。金融政策の変化に沿った動きですが、この動きはしばらくは続きそうです。

posted by いわくら at 19:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 実質実効為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック