2016年11月14日

とりあえずの現状認識とその先

先週まで、あれだけ大人しかった為替市場ですが、アメリカ大統領選挙をきっかけに動きをはじめした。まったく頭が整理できていない状況ですが、とりあえずの相場観です。今回は相当に難しい。


今回の値動きで特徴的なのは、長期金利の上昇です。アメリカの10年国債金利は、0.3ポイント程度急上昇になりました。トランプ氏の公約である、公共事業の拡張と減税は、どちらも国債の増加を必要とするため、国債の価値低下、金利の上昇となりました。
また、新興国通貨の下落が大きくなっています。メキシコペソは仕方ないですが、ブラジルレアル・南アフリカランド・ロシアルーブルといった新興資源国の下落幅が特に目立ちます。これは、相場の不確実性に伴う投資資金の先進国への回帰のほか、アメリカ長期金利上昇による、キャリートレードの減少・ドル建て国債の利払い増加懸念、資源価格の下落など複合的なものだと思われます。どちらにせよ、新興国通貨にはつらい状況です。

今後の動きについては、いかんせんアメリカドルの動きが、とても読みにくく、為替相場は不確実性の極みみたいなものになりそうです。しばらくは、ポジションを減らし、静観するのが、無難といいますか、正しい選択だと思います。
基本的には、アメリカドルは長期的な高値圏にあると感じていますが、トランプ氏の政策は、短期的にはアメリカへ資金を集めやすくするものだと思います。アメリカドル高が延命し、さらに上昇する可能性もありそうです。
長期金利が上昇したのは、相場が転換した証です。金利のつかない、貴金属は売られやすいでしょう。南アフリカランドは危険な状態かもしれません。
中長期的に見た場合には、アメリカドルは歴史的な割高になる可能性もあります。この場合は、ブラジルレアルやロシアルーブルにとっては、ものすごい買い場が訪れているのかもしれません。


白状しますと、私はアメリカの大統領選挙は為替に与える影響はあまりなく、今年の相場はこのまま、来年は、年後半にアメリカドル安、エネルギー輸出国通貨高でわかりやすい年になると考えていました。まったくの油断です。
もうすぐ来年の相場予想を始めたい頃合いになりますが、かなり厳しいものになりそうです。その前に、各種データや相場観の再点検をしていきたいと思います。

posted by いわくら at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443919055

この記事へのトラックバック