2016年11月29日

ユーロの下値は限定的か

ドルインデックスも反転の兆しを見せ、相場には一服感があります。先物ポジションも円ショート玉が減少しているので、この辺りが、ドルの上値目途なのかもしれません。


大統領選挙関連の材料はそろそろ尽きてきそうなので、目先を変えて、欧州です。来月にはイタリアの国民投票が控え、そのほかにも、フランスやオーストリアの選挙が、注目されています。ユーロからの離脱や、不良債権処理の進め方など、経済に与えるインパクトが大きなものがテーマになっています。

ユーロの値動きですが、2011年のギリシャ危機を乗り越えた後は、安定した値動きでした。その後2013年頃から、ECBドラギ総裁が量的緩和を進め、下落を強めました。今年はどちらかというと上昇している状況でしたが、アメリカ大統領選挙後には大きく値を崩しています。
ユーロインデックス(EXY)を見てみますと、現在106.1という値です。今年後半は110〜114付近でいる場合が多かったことを考えると、大統領選挙後の下げ幅は、6%程度となっています。ちなみに現在の106.1という値は、ユーロ発足後の最安値近辺です。

経済の方は、良くも無く、悪くも無くといったところでしょうか。失業率は10%で高位安定、経常収支は黒字幅が拡大中です。たぶん、内需で雇用を生み出せば良いという環境に見えますが、失業率が高い地域が局地的に存在するために、難しいのでしょう。また、イタリアを中心に、不良債権処理の断行中です。これが雇用や、貿易指標に与える影響は推定が難しいところです。

現状のユーロ水準は、政治リスクを織り込み、低めの値動きになっていると思われます。選挙結果如何ではもう一段の下落もありますが、貿易系の指標を見る限り、ここからの大幅な下落は、考えにくいものです。しかし、その逆の状態であったアメリカドルが上昇するなど、為替は短期的な動きについては不安定なものになる可能性もあります。


そろそろ今年を振り返る時期になりますが、今年はつくづく政治に為替が振り回されました。年末に欧州危機というのは、さすがに勘弁していただきたいものです。


タグ:ユーロ EUR
posted by いわくら at 09:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック