2016年12月23日

ユーロ(EUR) 為替予想2017前半

ユーロ【EUR】
☆総評「強い」
現在下落中の通貨ですが、反転して、上昇すると予想します。水準はかなりの割安、長期的な視点での仕込み時だと考えます。目先は、このまま下落する可能性も高く、タイミングを計っていきたいところです。

ユーロ圏経済は、混乱の中成長を続けています。失業率がようやく10%を割るなど、回復の兆しがみせ、資源価格の下落の恩恵を受け、経常収支がGDP比3%を超える黒字になるなど、ギリシャショックといわれていた時期に比べると大きく回復しています。輸出企業は、ユーロ安の恩恵を受け好調です。実質実効為替レートやユーロドルの為替レートが、リーマンショック後最安水準、ユーロ発足後のなかでも、かなりの低水準になっています。正直、この水準を正当化する理由は見つかりません。

ユーロ圏の問題は、リーマンショック時から続く銀行の不良債権問題です。アメリカと違い、リーマンショック後の不良債権処理があまり進んでおらず、今となって、イタリアの銀行などで噴出した格好です。モンテパスキへの公的資金投入など個別事案よりもユーロ圏全体での取り組み方が課題のような気がします。
もう一つ2017年も政治的なイベントが問題になりそうです。ドイツなどで選挙が予定されていて、短期的だと思いますが、為替も大きく影響を受けそうです。

ECBの金融政策ですが、国債の買い入れ量を減らす代わりに、期間を延長しました。本質的な考え方は変更していない状況です。今後、資源価格上昇からインフレ率が上昇した場合、どのような政策をとるのかに注意する必要はありそうです。
現状のマイナス金利の影響で、ユーロ圏からアメリカ・新興国などへ資金が流出しています。個人投資家を含め、レバレッジの掛かった、キャリートレードなのですが、規模が膨らんでいます。巻き戻しの時がユーロを狙うチャンスなのですが、タイミングは難しいものがあります。


☆トレードアイデア
・EUR/NZD 買
・EUR/CNY 買
・EUR/TRY 買
・EUR/USD 買

足下の下落状況が不安ですが、積極的に買いたいところです。すぐに結果が出るトレードでは無いでしょうが、期待値は大きく見て良いと思います。2017年の間は、困ったらユロルを買うが安全でしょう。


タグ:ユーロ EUR
posted by いわくら at 17:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替予想 2017前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445181145

この記事へのトラックバック