2016年12月26日

アメリカドル(USD) 為替予想2017前半

アメリカドル【USD】
☆総評「やや弱い」
最強通貨アメリカドルですが、2017年前半は下落すると予想します。「やや弱い」という表現は、多少ずるいのですが、ここからの大きな上昇は難しい。ぐらいのイメージです。もちろん下落の可能性も高いと考えています。世界の為替が大きく動く要因になるのでは無いでしょうか。

アメリカ経済は好調です。順調な経済成長と、完全雇用に近い環境が続いていて、労働賃金が上昇しています。足下で、株価の上昇・金利上昇・為替の上昇となっていますが、これが今後の企業業績にどういった影響与えるのかが注目されます。

現在のドル水準は、リーマンショック後の最高値を、日々更新しています。大きめな経常赤字と、今後、資源価格上昇を背景にした、交易条件の悪化を考慮すると、この水準を維持するのは困難でしょう。現在流入している資金は、長期金利上昇による、金利を狙う動きと、アメリカの株式や企業を買収する資金のようです。資本の流入が止まるタイミングが、為替の方向性を変化させるときになりそうです。

10年債金利は2.5%を超える水準で推移しています。2016年8月に1.5%程度だったことを考えますと、急激に上昇しているのがわかります。上昇理由としては、トランプ新大統領の政策と、中国人民銀行の為替介入に伴う、アメリカ国債の売却の影響が指摘されています。後者が主な理由の場合には、中国人民銀行の政策が、世界の為替に影響を与えていることになり、より一層の注意が必要になります。

注目のシェール産業は、淘汰が進み、残った企業の生産性は改善しているようです。ここから原油価格が上昇すれば、生産量が増大することになります。この分野は息の長い成長段階に入ってきたのかもしれません。

FRBの金融政策は2017年に3回の利上げが予想されています。妥当だと思われませすが、株価の下落などのリスクがあり、回数が減る可能性はありそうです。


☆トレードアイデア
・EUR/USD 買
・USD/RUB 売
・USD/MXN 売

シンプルにユーロドルと産油国通貨とのペアで売りです。この半年で下落が始まるのかは微妙なところですが、中長期で下落方向とみて、問題ないように見えます。もし上昇したとしても、絶好の売り時がやってきたと考えて良いと思います。


posted by いわくら at 02:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替予想 2017前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック