2017年01月05日

ビットコインと金価格

年明けは、方向感はないけれど、値動きはソコソコある展開となっていて、単純なリスクオンでは無さそうですが、まだ様子見でしょうか。中国人民元が対アメリカドルで上昇、メキシコペソは最安値更新中です。メキシコペソは全力で買いに行っても良い水準のような気がしますが、どうでしょうか。


そして、もう一つ大きな動きを見せているのが、ビットコインです。このブログで取り上げるのはたぶん初めてなんですが、皆さんご存じの仮想通貨、ちょうど昨日対ドルでの2013年12月に付けた過去最高値を更新しました。値動きを確認すると、

2012年12月  10ドル前後
2013年12月 1000ドル前後
2014年12月250ドル前後
2015年12月300ドル前後
2016年12月 700ドル前後
昨日1100ドル突破

となっていて、訳のわからない動きです。直近の動きは中国人民元安の不安から、人民元をビットコインに交換しているからと説明されています。

ビットコインの価値は何で決まるのかといいますと、ビットコイン自体の需要で、価値が決まります。
例えば、ビットコインで持ちたい、ビットコインに変換したいという需要が1兆ドル分あったとすると、ビットコインの総価値は1兆ドルになり、そこから単価が決定することになります。
ビットコインで買えるという商品・サービスもありますが、基本的には、現地通貨の価格に変換しての支払いになるため、これで価値が決まるということではありません。


サクソバンク証券が年末恒例の大胆予想のなかで、ビットコインの価値が3倍になると予想していましたが、この予想に近づきつつあります。この予想の中では、ドル高の影響で、新興国からの資金流出が加速し、ビットコインの需要が拡大すると述べられています。しかし、私は、ビットコインの需要拡大の本番は、その先にあるのではないかと考えています。つまり、ドル安局面です。
ドル安局面で、アメリカドルをビットコインに変換しようとする流れが出てきた場合、どうでしょうか。規模は新興国からの資金流出とは比較にならないほど大きくなる可能性があり、その場合、ビットコイン高はさらに進むとも考えられます。

元来資金の逃避先として、もっともポピュラーなものは、金・銀といった貴金属でした。貴金属の価値は工業的な価値よりも、こうした資産としての価値の方が大きかったと思われます。この需要がビットコインへ移動しています。中国・インドという2大金需要国で、金輸入に対しての制限が強化されていることも、ビットコインへの資産移動を加速させている要因になっています。資産の逃避先としての貴金属の需要は減退すると予想でき、その予想の確認が、次のドル安局面で可能と考えています。


仮想通貨の基礎技術の一つである、ブロックチェーンは今後様々な分野で活用され、生産性の向上に役立つと期待されます。個人的には、小売り。流通分野での活躍が大きくなると予想します。こういった技術が交易条件の変化から、為替へ影響しているというのは、たいへん面白いことであり、忘れてはいけないことだと思います。


posted by いわくら at 08:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445560429

この記事へのトラックバック