2016年12月13日

金利が嘘をついている

日本円独歩安がつづいています。特に材料は無いと思われますが、不気味な動きです。原油価格が動きを強めており、動向が気になるところですが、とりあえず年末まではこの水準で、値を保ちそう。為替も商品も本格的な動きは年明けと見ています。

今日は珍しく株価の話から、アメリカダウ工業平均株価が20000ポイント付近と史上最高値水準で推移しています。2000年のITバブルのときが10000ポイント前後ですから、16年で2倍になったことになります。この水準ですが、アメリカの現在の経済環境を考えると、やや違和感があります。
トランプ氏が次期大統領に決定して以降、アメリカの長期金利は急上昇しています。またそれにつられ、アメリカドルの水準も切り上げられました。これらはどちらも、企業業績を悪化させる要因のため、株価にはマイナスに働くことが推測されます。しかし、実際の株価は上昇しています。つまり株価・金利・為替のどれかが嘘をついているということです。

株価ですが、これは割高という見方が多いです。株式一株辺りの利益率などを、過去の水準と比較すると、高値圏にあるようです。株式は専門で無いのでこの辺で・・・・・。

次に為替ですがこれは、割高水準です。アメリカドルインデックスは、リーマンショック後の最高値水準、経常収支はGDP比-2.5%より大きな赤字が続いていて、今後、資源価格が上昇することで、さらなる交易条件の悪化が考えられます。現在の水準は、長期金利の上昇による資本移動がもたらした、一時的なものと推測されます。

そして金利です。大統領選挙前後から上昇していますが、トランプ次期大統領の減税や公共投資などの政策の影響で、国債の増発が予想され、これが金利上昇の原因とされています。
これに加え私はもう一つの原因を想定しています。それは中国の為替政策です。中国は人民元価格水準の維持のため、為替介入を行っています。これには、外貨準備の減少、つまりアメリカ国債の売却が伴います。この売却の影響を受けアメリカ長期金利が上昇したと考えています。中国の外貨準備の減少額は昨月は700億ドルと、規模で見ると、単独で市場に与える影響自体は微妙なところですが、金利上昇の見方が強まっている流れの中で、このような売却が存在したため、国債市場の需給のバランスが乱れ、金利が上昇したのではないでしょうか。


今後の動きとして、まず水準が訂正されるのは、まずはこの長期金利では無いでしょうか。中国の外貨準備高を考えると、資本流出の規模にもよりますが、為替介入はあと半年程度が限界と予想されます。為替介入が終了しますと、アメリカ国債の売却も無くなるため、金利が低下することが予想されます。
そして金利の低下が始まった場合、FRBの金融政策から、為替・株価には大きく複雑な影響を与えそうです。


市場のゆがみをみつけるのは、市場を制するうえで重要な要素です。ゆがみがゆがみを作るような、複雑な市場環境ですが、惑わされず、ゆがみを整えるような予想を心がけていきたいものです。

posted by いわくら at 14:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月10日

強くない中国の、弱くない人民元

日本円独歩安が続いています。相変わらず、読みづらい相場展開です。ECBはテーパリングを始めましたが、ユーロは上昇せず、ドルは、上値は重たくなってきましたが、上昇傾向、高値は続きそうです。

中国人民元の話です。
中国人民元は、アメリカ大統領選挙後、対ドルでは下落していますが、実効レートベースや、CFETC RMB indexを見ると、上昇が確認できます。
今週、中国人民銀行の外貨準備高が公表されましたが、3兆500億アメリカドルと、ギリギリ3兆ドル超えの水準です。現在のペースで減少が続きますと、今月末には、3兆ドルを割る見込みです。3兆ドルという水準は、特に意味は無いのですが、実際に為替介入に使用できる外貨準備の量は、それほど多くは無いとみられているため、この水準を下回った段階で、投機筋などからの元売り圧力が高まることが予想されています。

外貨準備高と人民元の水準の変化をざっくりとみていきますと・・・。

    外貨準備高   人民元  
 2014年夏〜 減少 維持  
 2016年初〜 維持 下落  
 2016年9月〜  減少 維持  
       

2014年8月に、アメリカドルに対して、大幅に下落した後、下落傾向でしたが、外貨準備を使用することで、為替水準を維持してきました。2016年は年初から、為替の下落傾向が強まりました。中国政府の為替政策が変化したものと考えられます。この期間の外貨準備高には大きな変動はありません。そして9月からは、また外貨準備高の下落が始まり、為替水準は、維持されています。
つまり、2014年夏以降、中国国内の資本が、海外に流出していることには変化は無いけれど、為替の水準については中国政府(人民銀行)が決定しますよという政策になっています。
しかし、上記の通り、外貨準備高が減少しているため、今後の人民元水準の維持は難しくなっていくと考えられます。

人民元が下落した場合の他の通貨への影響ですが、貿易関係が深い、オーストラリア・ニュージーランドといったオセアニア通貨、日本を含めた、アジア通貨全般への影響が当然大きくなります。
また、中国が現在行っている、外貨準備高の削減は、アメリカ国債の売却を伴うため、これ終了した場合、アメリカ長期国債の金利の下落が考えられ、その影響は世界中の通貨に及ぶと予想されます。


最近中国政府は、従来の資本流出規制に加え、海外への投資や金の購入を制限するなど、躍起になって、資本流出を防ぐ構えのようです。それでも資本の流出は続いています。今後は、原油を中心に、資源価格が上昇を始めるため、さらなる外貨が必要になります。人民元の現水準は危険なものなのかもしれません。


posted by いわくら at 12:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月07日

OPEC減産合意の影響

先月のOPEC会合にて、原油生産の減産が合意されました。削減量は、OPEC加盟国で日産120万バレル、非加盟国が60バレルと最大日産180万バレルとなっています。この削減量については、原油価格への影響が大きいのか小さいのかで意見が分かれるところですが、私は結構大きいとみています。


・世界の原油需給
 需要前年比 供給前年比供給-需要
2013
92.0  91.4 - 0.6
201493.2+1.2 93.8+2.4+0.9
201595.0+1.8  96.6+2.8+1.6
2016(95.8)+0.8    
2017(97.5)(+1.2)    
       
2016 1Q95.5  96.6 +1.1
2016 2Q 95.7  96.0 +0.3
2016 3Q  96.9  97.2 +0.3
    (100万バレル/日産)
出典 EIA- Oil Market Report


世界の原油の需要は毎年伸びています。主に新興国での伸びが顕著のようです。対して、供給量はさらに大きく伸びていました。2014年からはアメリカでのシェール開発ブームにより、生産が急拡大。需要と供給に大きな差ができ、在庫の急増と原油価格の大幅下落をもたらしました。
しかし、今年2016年の期毎のデータを見ると少し様相が変わってきているのがわかります。1Qでは、供給過剰の状態が続いていますが、2Q、3Qでは需給の差がかなり小さくなってきています。これは、原油安の影響で、アメリカのシェール原油生産が2015年の最大生産量から日産80万バレル程度減産しているのが大きく影響しています。足下では、需給の差は徐々に縮まってきています。

ここから日産180万バレルの減産が行われると、どうなるでしょうか。供給が需要を大幅に満たせなくなることが予想されます。当然、即応性が高い、シェールオイル生産が再拡大することが想定されますが、過去最大の生産よりも、さらに、日産100万バレル程度の生産が必要になり、とても急には対応できない量でしょう。また、現状のWTI45ドル程度の価格帯でも、減産を続けていたことを考えますと、ここからの増産には、より高い原油価格が必要になることが予想されます。そして、2018年以降にも、需要は順調に伸びていきます。その場合はどうなるでしょうか。


本日のWTIは1バレル50ドル程度で推移しています。原油の先高を狙った、ETFなどのロングポジショが増加しているようです。近年の原油価格は投資家の影響を受けやすくなったといわれています。すでに高くなった原油を狙うよりも、割安な産油国通貨があったならば、そちら狙ってみるのも面白いかもしれません。

タグ:WTI 原油価格
posted by いわくら at 20:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月02日

アメリカドル高よりも、日本円全面安の相場展開

大統領選挙後のドル高も一服かなと思ったのですが、何か不安定な相場です。主役はアメリカドルでは無く、日本円の方でしょうか、円の動きが気になったので見ていきます。
大統領選挙前後での実効レートを比較します。


アメリカ大統領選挙前後での各通貨の実効レート

  
 大統領選挙前日
  11/7

   11/28
 
日本円JPY 92.287.4  -5.2%
アメリカドルUSD120.6125.23.9%
ユーロEUR  99.2 97.7 -1.5%
イギリスポンドGBP94.297.53.5%
※(参考)メキシコペソMXN72.867.1-7.9%

元データ
BIS Effective exchange rate indices daily Data



全体的に大きな値動きなのですが、日本円の下落が大きいことがわかります。新興国を含めたBISのデータ61カ国中、メキシコペソに次いで、2番目に大きな下落幅です。主要国の中では、独歩安になっています。

この原因ですが、ファンダメンタルズ的な見方では、特に理由は見当たらず、投機的といいますか、資金の流れが変わったとみた方が自然だと思います。ユーロと比べた場合ですと、年初から日本円の方が水準的な割安感が解消されていた(ユーロは割安水準が持続していた)ため、日本円の方が、下落余地があり、売られやすかったとは考えられます。

IMMの投機筋のポジションを確認してみますと、先週までの時点で、USD/JPYのショートポジションが大幅に減少しています。大統領選挙前までは、ドル安懸念からか、日本円のロングポジションは過去最高水準まで積み重なっていましたが、これが2週間で、一気に解消した格好です。
これをどう見るかは難しいのですが、アメリカの投機筋が大統領選挙が予想外の結果であったため、とりあえず本国に資金を引き揚げた。というのでいいのかなと思います。
たぶんこれと同時に、日本円のロングポジションを構築していた、個人為替トレーダーも、一斉にポジションを解消していた可能性があります。

そして、アメリカの金利上昇です。本日もアメリカ10年債金利が上昇中。直近の高値を更新しています。こうなりますと、金利を狙った資金移移動が起きます。投資先に悩む本邦機関投資家が、アメリカ長期債を買うというのは、自然な流れです。そして、短期金利はまだ上昇幅が小さい段階ですが、個人を中心と為替トレーダーも、円を調達通貨にした、キャリートレードに動きやすくなったと思われます。

下落幅が大きいため、もう少し要因を考えたいのですが、思いついたところはこんなところです。


直近の動きを見ると、アメリカドルの上昇は少し鈍くなっているように見えます。市場は落ち着きは取り戻してきましたが、材料が重なるなる時期でもあるため、日本円は、もう一段階の下落も想定しておいた方がいいのかもしれません。
キャリートレードの資金移動は、長い間続くことも多く、時期も水準も想定しにくいものです。現在の動きは必ずしも、長期的な水準感が反映されていません。この短中期の相場が終わったとき、大博打に打って出る、チャンスが訪れるのかもしれません。

posted by いわくら at 10:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年11月29日

ユーロの下値は限定的か

ドルインデックスも反転の兆しを見せ、相場には一服感があります。先物ポジションも円ショート玉が減少しているので、この辺りが、ドルの上値目途なのかもしれません。


大統領選挙関連の材料はそろそろ尽きてきそうなので、目先を変えて、欧州です。来月にはイタリアの国民投票が控え、そのほかにも、フランスやオーストリアの選挙が、注目されています。ユーロからの離脱や、不良債権処理の進め方など、経済に与えるインパクトが大きなものがテーマになっています。

ユーロの値動きですが、2011年のギリシャ危機を乗り越えた後は、安定した値動きでした。その後2013年頃から、ECBドラギ総裁が量的緩和を進め、下落を強めました。今年はどちらかというと上昇している状況でしたが、アメリカ大統領選挙後には大きく値を崩しています。
ユーロインデックス(EXY)を見てみますと、現在106.1という値です。今年後半は110〜114付近でいる場合が多かったことを考えると、大統領選挙後の下げ幅は、6%程度となっています。ちなみに現在の106.1という値は、ユーロ発足後の最安値近辺です。

経済の方は、良くも無く、悪くも無くといったところでしょうか。失業率は10%で高位安定、経常収支は黒字幅が拡大中です。たぶん、内需で雇用を生み出せば良いという環境に見えますが、失業率が高い地域が局地的に存在するために、難しいのでしょう。また、イタリアを中心に、不良債権処理の断行中です。これが雇用や、貿易指標に与える影響は推定が難しいところです。

現状のユーロ水準は、政治リスクを織り込み、低めの値動きになっていると思われます。選挙結果如何ではもう一段の下落もありますが、貿易系の指標を見る限り、ここからの大幅な下落は、考えにくいものです。しかし、その逆の状態であったアメリカドルが上昇するなど、為替は短期的な動きについては不安定なものになる可能性もあります。


そろそろ今年を振り返る時期になりますが、今年はつくづく政治に為替が振り回されました。年末に欧州危機というのは、さすがに勘弁していただきたいものです。


タグ:ユーロ EUR
posted by いわくら at 09:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年11月22日

メキシコペソは割安か

為替相場も、幾分かは落ち着きを取り戻しつつあります。しかし平常運転という環境ではなく、ボラティリティは高い状態が継続しています。


今回の大統領選挙でもっとも影響を受けている通貨と言えば、メキシコペソです。大統領選挙当日には、対ドルで10%以上の下落を見せ、その後も不安定な値動きとなっています。下落幅が大きくなり、さすがに割安水準と思われますが、どうでしょうか。

現状の水準感を見るため、直近と過去の下落局面での、メキシコペソの実質実効為替レートを見ていきます。1994年以降で大きな下落は5回あり、今回が6回目です。

・過去のメキシコペソの主な下落局面での実質実効為替レート
   68.6   (1995-01)  テキーラ危機・メキシコ通貨危機
   87.6   (1998-09)
 101.5   (2006-06)
   85.5   (2009-02) リーマンショック
   88.9   (2012-06)
   76.2   (2016-10) 先月

 元データはBIS
 1994-04からの平均を100とする。

ご覧のように、過去の値と比較しても、先月時点ですでに、低い値になっていることがわかります。当然大統領選挙後の動きは含まれていませんので、現状はさらに低い値になっていると考えられます。1995年テキーラ危機については詳しくは無いのですが、そのときの水準に近づいています。

次に経常収支を見ていきます。
昨年2015年のメキシコの経常収支は、対GDP比2.8%の赤字です。これは、リーマンショック後では最大の赤字幅で、水準としても、決してい小さくないものです。この後の今年になってから発表されている経常収支の額も、大きめな赤字が続いており、今年の経常収支も大幅な赤字が継続すると推測されます。
メキシコは慢性的に経常赤字国であり、通貨が大幅に下落した後に、一時経常黒字になることはありましたが、それが長く続くことはありませんでした。現在の経常赤字の主な原因は原油価格の下落(原油生産量自体も減少しています。)なのですが、資本・債務面で外国からの依存度が高く、対外債務の急増が、さらに経常収支を悪化させる原因になっていて、こちらも心配です。

その他経済指標では、失業率は4%前後で安定、政策金利は、緊縮的なものとなっています。



結論ですが、贅沢をいえば、経常収支の改善を確認したいところです。原油価格は大幅下落は想定しにくいですし、観光客の増加などの、為替安のメリットは受けやすい環境だと思われます。数字として表れるのは、半年後・1年後になるでしょうが、経常収支の改善を想定して、上昇の可能性が高いと予想します。少なくても、短・中期的な反発・調整はあるのではないでしょうか(確信が無いなぁ・・・・)。
そして、問題はその後です。メキシコ経済に、大きく成長する産業が見えません、シェールガスの埋蔵が確認されているため、この辺りが成長余地が残っている産業でしょうか。長期的な動きは、また別の話になりそうです。


トランプ氏の政策は確定できないところですが、メキシコに大幅な関税をかけることや、NAFTAの大幅な変更は、デメリットが大きく、共和党議会側との調整が難しいため、選択できないものと想定しています。
メキシコペソは、アメリカへの依存が大変大きな通貨です。今後もアメリカの政治状況が、為替予想の鍵になることは間違えなさそうです。


posted by いわくら at 13:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年11月19日

買いたい通貨・売りたい通貨 2016/11/19

ドルインデックスが101ポイントを超え、リーマンショック後の最高値を更新中です。こうなるとアメリカドルの高値はしばらくは続くのかなとも考えられます。しばらくがいつまでなのかは、判断が難しいところです。
アメリカドルは水準的には高値と考えて間違えないでしょう。しかし、長期金利の上昇というのは、単・中期での買い材料としては、かなり大きなものです。


予想の難しい相場環境ですが、主に長期視点での為替予想をしていきます。
実はあまり相場観(資源価格の上昇が今後の相場の基本になる)を変化させず、しばらくは、アメリカドルよりも、資源価格を見ていきたいと思っています。


☆買いたい通貨

・ブラジルレアル(BRL)
春先までの低迷はとりあえず脱し、その後は堅調。直近の安値は押し目買いのチャンスでしょう。資源価格がどうなるかで方向性が決まるところですが、極端に悪化することは無いと思われます。

・メキシコペソ(MXN)
最近の大幅下落は、さすがに安すぎ。そのうち別記事にします。

・ロシアルーブル(RUB)
代表的な産油国通貨。アメリカドルの動きよりも、原油価格への依存が高くなります。長期的な視点で、仕込み時でしょう。

・ノルウェークローネ(NOK)
原油よりも、天然ガスへの依存が高い、先進資源国通貨です。足下での経済悪化の影響が大きいため、ロシアルーブルよりも長期目線で買いたいところです。

・ユーロ(EUR)
特に強調する材料は無いですが、アメリカドル高の反動で、売られています。マイナス金利のため、キャリートレードの調達通貨となっているような感じでしょうか。、今が買い時では無い(この後もっと下落する)可能性も高いのですが、大きく落ちたときに、少しずつ買い増していきたい通貨です。


☆売りたい通貨

・ニュージーランドドル(NZD)
資源国の中で、水準的に割高な通貨です。エネルギー価格の上昇に弱く、鉱物資源なども乏しいため、今後は厳しいかなと思われます。現在は実質金利が高いのですが、利下げ方向なのも気がかりです。

・トルコリラ(TRY)
値上がり要因が特にないのが弱み。経常赤字が大きく、投資資金が引き上げられる段階では、大きな下落が心配されます。輸出工業品の価格推移も要注意です。

・ポーランドズロチ(PLN)
トルコリラほどは割高感は無いのですが、こちらも値上がり要素が弱いかなと思われます。エネルギー価格の上昇とともに、割高感が強調されそうです。


☆その他
中国人民元(CNY)は、長期的には売りでいいような気がしてますが、今では無い。南アフリカランド(ZAR)は、貴金属価格の影響が大きいため、今までのようには上昇しにくいと思います。日本円(JPY)は直近はやや割安かもしれませんが、こういう地合なので食指が伸びません。



アメリカドルの上値については正直わかりません。少なくとも今は天井が見えてはいない状態だと思います。アメリカドルを売っていた資金が、巻き戻っている、ドルキャリートレードの巻き戻りが起きていると推測しているのですが、なんというか、確証が無いというか、相場が見えていないというか・・・・・時間軸が・・・・・


市場は、為替・株式・債券とそれぞれ騒がしいのですが、実経済には影響がない段階です。一番最初に聞いてくるのは、債券金利の上昇。債務の多い企業・対外債務の大きな国家の動向が今後の鍵になりそうです。


posted by いわくら at 02:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする